フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 益子 放射能から子供を守りたい 母の会 | トップページ | 益子町の野菜の放射性物質移行率 »

2011年7月22日 (金)

ひまわりの会ましこ  今までの流れ

簡単に今までの流れをご紹介します。
代表がまとめてくれました。



2011.5.18 発足

6.01 「プール清掃について」益子町教育長と話し合い

     要望内容:プールには事故後の放射性物質が溜まっている恐れが

            あるので、今年は児童生徒にやらせず、保護者、教員で

            行ってもらいたい。

     回答:  栃木県のアドバイザーである自治医大教授・菊池透氏が

           「プール清掃を子供にやらせて問題ない」と指示。

           児童生徒にやらせる。

    

     清掃前に町所有の計測器で数値を計る。0.04~0.06と報告あり。

     「低すぎるのでは?」と懸念を持つが確認できず。

     長靴やマスク着用の指示なし。


6.17 勉強会  道祖土公民館

     教育委員会との話し合いを企画


6.21 勉強会  道祖土公民館

     保育園の対応について、

     益子町の健康福祉課と各園の代表と保護者の話し合いをもうけて

     欲しいと役場に申し込み。→後に断られる  

     理由:保育園については、各園で保護者の要望に応えていくとのこと


6.27 益子町教育委員会との話し合い

     参加者約20名

     要望内容: 学校、園での放射線測定。

             給食については、できる限り西日本方面のものを使う等、

             できないか。安全性が確認できないものは使わないで欲し

             い。

             「低線量被曝」 「内部被曝」を甘く見ずに危険性を理解し

             て欲しい。

             子供たちへの健康診断、甲状腺の内部被曝検査、

             ホールボディカウンターによる内部被曝検査の要望。

             町の農産物の放射性物質検査体制を整えて欲しい。

             給食の食材を検査して欲しい。

             汚染の酷い地域への遠足、校外学習、練習試合等への

             考慮。

7.6  勉強会  道祖土公民館

     教育委員会との話合い後の町の対応、学校や園によるその格差につ

     いて。今後どうするのかの話し合い。

7.10  原発勉強会

7.12  全国ネット決起集会参加  http://kodomozenkoku.com/


 

7.13  ひまわり・菜種による土壌改良プロジェクト勉強会

7.25  町の給食センター栄養士さんとの話し合い予定

7.29  ひまわりお話会予定。(各勉強会等の報告)

8.5   町長との話し合いについて、

      「これからの益子を考える会」「青空市の会」「カタバミ通信」

      「ひまわりの会ましこ」合同で何を要望するのか、話し合い予定。

次号(8月予定)のカタバミ通信に放射能対策のワザを掲載予定です。






                  

« 益子 放射能から子供を守りたい 母の会 | トップページ | 益子町の野菜の放射性物質移行率 »

ひまわりの会ましこ」カテゴリの記事

コメント

ブログ立ち上げお疲れさまでした。貴重な情報源としてたくさんの人が見てくれるといいですね。これからもよろしくお願いしますm(_)m

あまり活発なブログにはならないかもしれませんが、ある程度、地域に根ざした情報をまとめられたら、、と思っています。こちらこそ、宜しくお願いします(*^-^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544247/40918757

この記事へのトラックバック一覧です: ひまわりの会ましこ  今までの流れ:

« 益子 放射能から子供を守りたい 母の会 | トップページ | 益子町の野菜の放射性物質移行率 »