フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« EM菌 | トップページ | 栃木県/文部科学省による航空機モニタリング調査結果 »

2011年7月29日 (金)

7月29日お話会報告

今日の集まりで話し合ったことを簡単にまとめておきます。

 

  • 全国ネットキックオフミーティング参加の報告

栃木、茨城、群馬の人が少なかった。やはり東京の人は意識が高く、温度差を感じた。全国ネットでは、食物の放射線量基準値をドイツのものにならって、子供4Bq/kg  大人8Bq/kgにすることとなった。(現在日本では震災後に10から500に上げられている) 

  • 大豆ひまわり菜の花プロジェクト(放射能除去事業)講演会報告

上三川で稲作研究をしている稲葉先生のお話。地表に降り積もった放射性物質を大豆、ひまわり、菜の花を植えることで、植物にすわせて、その植物をバグフィルターのある焼却炉で燃やすことで、放射性物質を集約するプロジェクト。出来た大豆などからは油が取れそれを購入する事で支援が出来る。個人、団体で協力を申し込みできるので、興味のある方は是非。

 

  • 8月発行の「カタバミ通信」に載せる記事の報告

後述します。

 

  • 益子町の野菜について

ジャガイモからは検出せず(1ベクレル以下は検出不能)の結果が出たことで野菜に関してはまあまあ安心できるのではないか。ただ野菜よりも移行率の高い穀物類が今後心配だ。今年だけでなく、来年以降も検査が必要ではないか。。。

 

  • 土壌汚染について

群馬大・早川教授の放射能汚染マップをもとに栃木県内を見てみると、益子あたりは〇.13キュリー/km2=5000ベクレルとなる様です。これだとチェルノブイリと照らし合わせると非汚染地域となる。ちなみに今日文部科学省が調べた航空機からのモニタリング調査結果も発表されていました。次の記事にリンクします。

チェルノブイリ事故後の事実より学べるところとして、今日話があったのは、低レベル汚染地区の年間被曝のうち7~8割が食品からの内部被曝による。

それはロシアから1000キロ以上離れているウイーンやボローニャでも事故後250日で、体内中のセシウム137が急激に増えた(3000~2000という値に)データからも推測できる。

 

  • 益子町の町長さんとの話し合いに何を要望したいか?

給食・・・500ベクレルという基準がおかしい。給食かお弁当か選択制にして欲しい。汚染がひどい地域の食材はあえて使用しないで欲しい。いずれは食物の放射線量も町ではかれると良い。

EM菌の活用で土壌汚染を低くする事を町でも考えて欲しい。

保育園の園庭の除染、保護者のボランティアでも良いので実現できないか。等、、、母親目線の要望を考えた。

 

  • 6月27日教育長とひまわりの会ましことの懇談会の回答が教育長より来た。その結果は後でファイルで添付します。


     

予定していた学校給食の栄養士さんとの話合いは8月2日になりました。

次回は8月5日に道祖土公民館で、4団体合同の町長との話し合いの準備をし ます。







  

                                 

« EM菌 | トップページ | 栃木県/文部科学省による航空機モニタリング調査結果 »

ひまわりの会ましこ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544247/41008075

この記事へのトラックバック一覧です: 7月29日お話会報告:

« EM菌 | トップページ | 栃木県/文部科学省による航空機モニタリング調査結果 »