フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 9月議会を傍聴しよう!! | トップページ | 9月6日ひまわりの会集まります »

2011年8月26日 (金)

請願書の内容

益子町議会議長
小杉守利様

町民、特に子供達を放射能被害から守る対策に関する請願書

               これからのましこを考える連絡会代表世話人



町民、特に子供達を放射線被害から守り、安心安全が実感出来るようにするために、以下の対策を実施していただきたく、請願いたします。
1,食品の安心・安全
(1)給食
・小中学校の給食が「安心・安全な食品」であることを保証するために、給食センターで原則として毎食、放射線の計測を実施し、公表する。そのために必要な機器を、消費者庁が10月よりはじめる制度を利用し、国民センターから無償貸与を受けられるように全力を尽くす。
・保育園、幼稚園の給食についても、上記の機器を使って、原則として
毎食放射線計測を義務つける。

(2)一般食品
・町民が食べる「食品の安心・安全」を確保するために、誰でもがどんな食品も放射線計測ができるよう、あぐり館に本格的な計測の出来る機器を設置する。これも必要な機器は、消費者庁の制度を利用して、国民センターから無償貸与を受けられるように全力をつくす。



2,放射線の計測
(1)小中学校・保育園・幼稚園
学校・円でできる限り毎日1回、時間・場所・高さを決めて放射線を計測し、公表する。必要な時は除染も実施する。

(2)一般
益子・田野・七井の町の施設(学校のデータでも可)で、できる限り毎日一回、時間・場所・高さを決めて計測し、公表する。


3,防災計画の制定
 東海村、大洗町には、東海原発、東海第2原発、高速増殖炉”常陽”、使用済み燃料の再処理工場、代償剣士力研究炉が10,原子力燃料加工工場2社があり、益子町は、それらの原子力施設から西に40~50㎞の位置にあります。未だに収束しない福島の原発事故と共に、これら原子力施設の事故を想定し、上記1.2のような行動指針も含めた原子力防災計画を早期制定するよう全力をつくす。







« 9月議会を傍聴しよう!! | トップページ | 9月6日ひまわりの会集まります »

参考資料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544247/41371828

この記事へのトラックバック一覧です: 請願書の内容:

« 9月議会を傍聴しよう!! | トップページ | 9月6日ひまわりの会集まります »