フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 益子町教育委員会からの回答 | トップページ | ドイツからの提言 »

2011年8月19日 (金)

低線量被曝を考える講座

8月29日に宇都宮市で低線量被曝を考える講座があります。


「50年後の安全」 住むこと食べること


講演 松井英介さん  岐阜環境医学研究所所長 
               放射線医学 呼吸器学 肺ガン学


報告 子供を放射能から守る福島ネットワーク

日時 8月28日(日)午後2時~5時

会場 宇都宮市南図書館多目的ホール

参加費 800円

主催 低線量被曝を考える講座実行委員会
     電話 028-601-7339/080-5084-9761
    e-mail:a-dormouse@nifty.com


●この講座は、福島第一原子力発電所の事故により「低線量被曝地」となった栃木県で住むこと、食べることをテーマに開催します。充分な質疑の時間をとり、日頃からの疑問や不安について、共に考えます。

●また、現在栃木県よりも高い放射線量の福島県からの報告を受け、問題解決のための交流をしていきたいと思います。

●託児所はありませんが、会場内に子供用スペースを設けます。(授乳用の部屋もあります)年齢を問わずお子さんをお連れの方も遠慮なくご参加下さい。(敷物などは各自じさんしてください。)







« 益子町教育委員会からの回答 | トップページ | ドイツからの提言 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544247/41276594

この記事へのトラックバック一覧です: 低線量被曝を考える講座:

« 益子町教育委員会からの回答 | トップページ | ドイツからの提言 »