フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月15日 (木)

幼稚園・保育園に要望書を提出しました

ひまわりの会ましこでは、幼稚園・保育園にもっと危機感を持って欲しいとの思いから、
要望書を提出しました。



挨拶の手紙・要望書・要望に対する回答書・参考資料を
町内の幼稚園・保育園に送りました。



<内容>


幼稚園・保育園 園長 関係者各位

はじめまして。

私たち『ひまわりの会ましこ』は、現在益子町近辺の0~15歳の子を持つ母親30人ほどが集まり、放射能とその影響について勉強している会です。

今回の福島の事故で、大量の放射性物質が東北・関東に降り注がれた事はご承知のことかと思います。すでに栃木県は約半分がチェルノブイリ原発事故でいう「低濃度汚染地域(第三区分)」と同等の土壌汚染地域になってしまっています。チェルノブイリ原発事故では国から安全宣言された「低濃度汚染地域」で生活を続けた人たちに、3~4年後から子供たちに甲状腺ガン、白血病が多発、その後大人にもありとあらゆるガン、死産、不妊などの被害が続出しています。これはNHKスペシャル『終わりなき人体汚染!チェルノブイリ原発事故から10年』でも報じられました。年間1ミリシーベルト以下の地域でも子供たちに影響が出たと言われています。

福島の原発事故後に日本が定めた暫定基準値は食品のセシウムが500Bq(ベクレル)/㎏、飲み物のセシウム200Bq/㎏ですが、資料1にある様に、世界の基準から見るとかなり緩い基準です。ドイツのNPO団体では、事故後、子供は4Bq/㎏、大人は8Bq/㎏以上の食品の摂取を控えるべき、と発表しています。

 幼稚園や保育園でも、子供たちを守ろうという姿勢で定期的に放射線の測定に取り組んでいただいている事は、大変ありがたいと感じております。
この手紙を出すにあたって、子供を園に通わせているお母さん方からは「日頃からお世話になっている園に意見するのは心苦しい」との声もあがりました。しかし、会にはこれから益子の園に通わせていいものかどうか大変な不安を抱えている乳幼児のお母さん達も多数参加しております。また、園の職員の方たちは、これからお子さんを産む可能性のある若い女性が大半だと思います。家庭で何の取り組みも出来ていないお子さんも大勢いるだろうという考えから、私たちひまわりの会ましこは、以下の事柄を益子町内の各幼稚園、保育園に提案させていただく事にしました。

もうすでに色々な取り組みを始めていただいている園もあり、私たちもとても心強く思います。
 ご多忙のこととは存じますが、ぜひ今一度対策を考えていただき、検討結果を私たちひまわりの会ましこと、また保護者の方々へもお伝えいただきたいと思います。


                   
                  ひまわりの会ましこ一同
                              代表 小杉志野






                         要 望 書



1 牛乳は生態濃縮によって人体への影響が大きいので、飲ませないか週に1回程度にしてください。また、やむをえない場合は水筒持参を認めてください。



2 給食の野菜について(参考資料②)
・放射性物質に影響されやすい野菜は避けてください。
・有志の方が検査に出してくださった、益子町のジャガイモ、小麦は、不検出でした。(検出限界1ベクレルでの検査)
 よって、葉物とジャガイモ以外のイモ類に注意すれば、益子町近辺の野菜は安全ではないかと考えられます。
野菜の産地や、モニタリング調査等の結果に注意を払ってください。
ただし暫定基準値以内であってもある程度数値が出ているものに関しては、小さい子供が食べるには不適切と考えます。
(参考資料① 日本の暫定基準値の異常な高さ)
・ひまわりの会ましこは信頼できる食品の検査体制の整備を町に要望しています。


3 牛肉は使用を中止してください。
その他の肉魚類については産地などを検討してください。
  <群馬県の保育園の例>(参考資料④)
牛肉・・・しばらくの間使用中止   豚肉・・・西日本産&群馬産
鶏肉・・・北海道産&群馬産     加工品・・アメリカ産を中心に海外産
魚類・・・ノルウェー産を中心に海外産
(栃木県は那須など線量が高いところがあるので、一概に栃木産とは言えない。)



4 椎茸の使用を中止してください。
ほかのきのこ類につきましても原木・菌床栽培されたきのこ類は使用しないでください。




5 免疫作用・抗酸化作用を高める献立つくりをしてください。
味噌、発酵食品、海藻(日本海側産)を積極的に取り入れてください。
スナック菓子や甘いものは免疫力を弱めます。
《参考》抗酸化作用のある主な栄養素
●ファイトケミカル(植物性食品に含まれる物質)
・カロテノイド(βカロテン、ルテイン、アスタキサンチン、リコピン)
・ポリフェノール(アントシアニン、ケルセチン、ルチン、カテキン、イソフラボン等のフラボ
のイド等)
●ビタミン(ビタミンA、ビタミンE、ビタミンC)



6 砂場の砂は取り替えてください。
・砂場では子供たちが直接砂に手で触れ、間違って口に入ってしまうこともあります。
・雨どいやその周辺、すべりだいの下、落ち葉のたまったところ等、ホットスポットになりそうな所を測り状況を把握してください。
場合によっては、除染をする・EM菌をまくなどの措置を考えてください。
(資料③・・空間線量だけではわからない場合もあります)



7 地震が起きた時の防災計画、避難マニュアルをつくってください。
その際防空頭巾だけでなく、場合によってはマスクの着用も検討してください。



8 食や行動でいずれも不安が払拭できない場合は、弁当持参も許可してください。
(幼稚園・小、中、高校を管轄する益子町教育委員会からは許可が出ています。)













2011年9月 7日 (水)

請願書の行方

委員会付託となった請願書ですが、
本日その委員会があり、ひまわりの会ましこからも3人傍聴に行きました。

結果、継続審議となったそうです。
(つまり今回では決まらなかったということ)

消費者庁が放射線測定機器を貸し出すという話は、
11月からはじめる話で、まだ決定ではない、よって
決定していない話をここでは出来ないとのこと。


長岡議員が消費者庁に問い合わせてくれたところによると、
現在消費者庁では、機器の確保と、各市町村の聞き込みをやっていて、
結構な予算を組んであるとのこと。

教育委員長は決まれば手を挙げるとのこと。

一応請願書が出ているので、機器の貸し出しについては一歩前に出ているのではないか、、とのことでした。



また午前中の一般質問の際に、
樋山議員が来年からでも幼児の検診をしてくれないか?
と問いかけたところ、

する予定はないとのこと。
今後の状況を見ながら考えるとのことでした。




残念ながら、今回は進展しなかった。




2011年9月 6日 (火)

文部科学省航空機モニタリング調査の改訂版

文部科学省の土壌汚染の航空機モニタリング調査が改訂されてました。
航空機から計っただけの値に、実際の土壌を採取して検査した値を、
重ね合わせた地図になっているようです。



http://radioactivity.mext.go.jp/ja/1940/2011/08/1940_0830_1.pdf


2011年9月 5日 (月)

9月6日ひまわりの会時間変更

9月6日に予定していた集まりは、
1時からの予定でしたが2時からに変更になります。


先日出された請願書が委員会委託になって、
その決議が、明日の1時からになりました。

なので、役場に行ける人はいって傍聴して貰いたいので、
明日のひまわりの会は2時からになりました。



急な変更で申し訳ありませんが、宜しくお願いします。



2011年9月 4日 (日)

9月2日益子町議会に行って来ました。

「町民、特に子供達を放射能被害から守る対策に関する誓願」
が審議されるため、町議会にいって来ました。

私たちひまわりの会ましこもこの問題への関心の高さを示すために、
なるべく行ける人は行きました。
傍聴席には、20人ほど集まったでしょうか、、、

10時より議会が始まりました。
町長の挨拶などがあり4番目に
町民、特に子供達を放射能被害から守る対策に関する誓願
の審議が始まりました。

まず事務局長により請願書の朗読がありました。
その後質議が始まりました。

高野美晴議員 : 「教育委員会の方にまわしたらどうか」
樋山照代議員 : 「本義会で採択して欲しい」
長岡景介議員 : 
「全員協議会で説明し議論の後採決にしたい」
鶴見平議員  :  「制定というのは国レベルの話で、町ではできない。」
樋山照代議員 : 「議員はこの請願書がでた町民の願い、みたいなところに
            心を寄せていかなければならない」
加藤芳男議員 : 「JAでは大丈夫なものだけを食材として出している
            食料はあらゆる機関で測定している
            一部の親がヒステリックになっている
            子供に返って悪影響だ。
            抵抗力が出来るから大丈夫だよ、
            と親が子供に言ってやればいい」


その後多数決が行われ、結局常任委員会に付託ということになりました。


常任委員会に付託、というのがどういうことなのか良くわからないのですが、、
先送り的な感じみたいです。

この後5日6日に一般質問があるようなのですが、、、




大半の議員の方が危機感を持っていないようでした。

消費者庁から検査機器を借りれるのだから、そこをもっと良く
話し合って欲しかったですね。


議会の後、ほんの数分ですが、町長と話せる時間があり、
真剣に取り組んで欲しいことをアピールしました。
町長の去り際に、仲間の一人が「逃げないでくださいね!」
といったのが一番今回の収穫だったかもしれません。





また次の対策を考えなければなりません。



« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »