フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 下野新聞にのりました。 | トップページ | 請願書の審議 »

2011年10月30日 (日)

私たちが検診検査を希望する理由

前述の町長への要望書に添付した、資料2です。


私たちが検診・検査を希望する理由
1,甲状腺の検査
今回の事故は、世界を震撼させる規模の事故です。その中で原発から140㎞という益子町の距離は、放射性ヨウ素の被曝で考えれば「至近距離」だといえます。3月中の放射性ヨウ素の降下量は、140000MBq/kg。
データのない宮城県、福島県を除いて、栃木県がトップです。

また事故から1,2ヶ月程は県内の野菜や原乳、水道水から放射性ヨウ素が検出されていましたが、2000Bq/kgという暫定基準値が敷かれていたため、それらを摂取してしまった子供達も多くいると考えられます。

チェルノブイリ原発事故では、原発から400㎞以上離れた地域でも、また汚染の高くない、益子町と変わらないレベルの地域からも、4,5年後から子供を中心に甲状腺の異常や甲状腺ガンが発症しています。これらのことから益子町でも子供に甲状腺の異常が発生する危険性はあると考えられます。子供達が甲状腺の定期的な触診、エコー検査、血液検査などを受けられる体制を整えてください。

特に触診などは、現在町で行われている乳幼児の検診や学校での健康診断に追加することは難しくないと思います。できることから少しずつでも、子供達の健康に配慮した体制作りをお願いします。


2,尿検査、母乳の検査
今回のような大事故が起こった場合、私たちはどんなに気をつけても、食品、飲料、大気中、地面からと、総合的に長期にわたり被曝し続けていきます。そうすると、体内に放射性物質が溜まっていき、様々な健康被害がでてくることも予想されます。既に東京や千葉、茨城、埼玉に住む人々の尿や母乳からもセシウムが検出されており、首都圏でも内部被曝が進行していることが分かってきています。

チェルノブイリ原発事故では子供達の免疫力が下がり、「病気の花束を抱える」状態になった、また、年間1ミリシーベルト以下の村であっても子供達に様々な異常が現れたとされています。

また高線量の汚染地域より低線量の地域のほうが白血病の増加率が高かったと言われています。これは、多量の放射能は細胞を殺しますが、少量の放射能は細胞に「異変」をもたらし、これが白血病の原因になることも考えられています。(広河隆一・チェルノブイリ報告より)低線量だから安心・・・ということは決して言えないのです。

私たちは自分の子供の健康状態を定期的にチェックするために、尿中の放射性物質の検査を受けさせたいと思っています。また、授乳中の母親達は、自分の母乳から放射性物質が出てしまっていないか大変不安を感じています。これらの検査を町を等して受けられるように、体制を整えてください。


現在明らかになっている益子町近隣の土壌汚染計測値
益子町:畑
セシウム134 61Bq/kg  セシウム137 75Bq/kg  合算136Bq/kg=8840Bq/m2
0.13キュリー/km2


真岡市:畑
セシウム134 171Bq/kg  セシウム137 230Bq/kg  合算401Bq/kg=26065Bq/m2
0.404キュリー/km2


宇都宮市中央部:小学校校庭
セシウム134 494.4Bq/kg  セシウム137 636.9Bq/kg  合算1131.3Bq/kg=73534Bq/m2
1.11キュリー/km2


宇都宮市中央部:幼稚園園庭
セシウム134 342.4Bq/kg  セシウム137 418.8Bq/kg  合算761.2Bq/kg=49478Bq/m2
0.735キュリー/km2(キュリーへの換算はセシウム137のみの値で計算しています。)


益子町の値は、耕した後の畑の値なので低く出ている可能性があります。
今回最新の宇都宮のデータでは、チェルノブイリでいう第4区分、汚染地域に入っています。益子町でも学校等の表土を計測すると宇都宮市と同様程度の数値が出る可能性もあります。これらの数値から宇都宮~益子の汚染レベルは0.2~1キュリー/km2程度であると考えられます。チェルノブイリ原発事故で原発から400㎞ほどのベラルーシ共和国のミンスク地方がこれと同等の汚染レベルだったので比べてみました。ミンスクは、国や専門家から絶対安全とされていた地方です。

絶対安全だったはずのミンスクでも、事故後4,5年後から子供に甲状腺ガンが急増しました。また白血病も10年間で3倍に増えたとされています。



























« 下野新聞にのりました。 | トップページ | 請願書の審議 »

参考資料」カテゴリの記事

コメント

貴重な情報ありがとうございました。
低線量地域での白血病の増加はこわいですね。
たしかに検診検査は必要だと思いました。

ご存知のことかもしれませんが、
益子町や小学校のHPなどで発表されている放射線の数値が、
真岡市や宇都宮市などと比べて低いのが気になり(いずれも市や教育委員会のHP掲載分)、
益子町役場に問い合わせてみました。
益子町で使っているのは、「はかるくん」という測定器とのこと。
この測定器は、低めに数値が出るそうです。(インターネット上の情報ですが、2分の1くらいのときもあるとのこと)
今まで益子町は低いと思っていたのでショックです(〉_〈;)

わざわざ問い合わせてくれたのですね。ご苦労様でした。
はかるくんを使っていることは知っていたので書けば良かったですね。ごめんなさい。
はかるくんは低めにでるんですね。。。なんかおかしいな~と思っていたんです。
個人で機器を持っていて測る人も、町の出す数値が低いのでびっくりしていました。
その方曰く、空間線量が結構低くても、そこの土壌が結構なベクレルであることも、、、

もっとこういう個人の人の測っている情報と、町の情報とすりあわせて、地図とかに落とせたらいいのに、、と考えているのですが、、

可能でしたら、個人で計測された方の測定値と、その土壌のベクレルを教えていただけますか?
宇都宮も、真岡、芳賀町もすべて同種類の測定器(HORIBA PA-RADI1000)を使用しているみたいなので、益子町でも購入してもらえるといいですね・・・

いつも見てくださってありがとうございます。
個人の方の測定値ですが、立ち話の中ででてきた数字なので、ちょっとうろ覚えで、、、
ごめんなさい。

でもその方とも、個人のそういう情報と、町の情報をリンクさせて、みんなに伝えられたらいいね、、、という話をしました。
先日の青空市では、この計測器で希望者の持ち込みの畑の土やキノコなどを測ってくれていました。
青空市で、このサービスが毎月行われるかはまだ確定ではないようですが、
決まればまたブログにてお知らせします。

初めまして、小島治です。筑西市在住でツイッターでフォローさせてもらっております。さて、突然で申し訳ありませんが、実は明日急にツイッターでお話しさせていただいている「東海アマ」さんがウチに水と土の採取にきて測定してくれることになりました。東海さんには以前から茨城でも講習会をしてくださいとお願いしておりまして12月にやりましょうとお話しをいただいております。そこでご相談ですが、茨城県西部よりも栃木県南部の益子を拠点に講習会をと考えましたが、皆様はいかがでしょうか?わたしには全く組織と言うか友達と言うかそういった団体がありませんので、みなさまの「ひまわりの会」を拠点にと考えました。ご検討いただければと思います。どうぞよろしくお願いします。

小島様
水と土の測定、結果気になりますね。

そしてこの度はひまわりの会を思い出して頂きましてありがとうございました。
ただ現在私たちの会では、講演とかは考えておりませんので
ありがたい申し出ですが、遠慮させていただこうと思います。

声をかけていただいてありがとうございました。
今後も宜しくお願いいたします。

結果が出ました。

那須から大田原→黒磯→矢板→宇都宮→真岡→筑西→つくば→牛久と順に空間線量と水・土の採取をしながら移動したそうですが、宇都宮の南から筑西までは0.1マイクロを超えるところが全くなく、奇跡的なぐらいに汚染が少ない・・・全体にほぼ汚染されていないと言ってもいいとのことでした。この土地で取れる食べ物も食べても問題ないとのことでした。

私も3月以来、自分はいつ避難するんだろう・・・あとどのくらいここに住めるんだろうか?子供たちは将来大丈夫だろうかと、ずっと心配しながら過ごしてきましたが、もしこのエリアが移住するとしたら、中部あるいは関西とおほぼ同じ値なので、必要ないとのことでした。

また講演会のお話ですが・・・この地域ではその必要がない。
つくば牛久あるいは柏等、もっと必要に迫られたエリアを中心に行って行くので、そのお話はなしということになりました。

いずれにしても関東平野にこのように安全なエリアがあることにビックリしていました。
私も子供たちも安心できます。

余談ですが、趣味のオートバイ&日帰り温泉で那須烏山市・那珂川町によく行きます。
益子は通り道ですのでなにか機会がありましたら呼んでください。

それでは皆さん少しはご安心ください。
また将来のために悲観的に前向きに頑張りましょう。

度々失礼

ただこのエリアもキノコ類は絶対だめです。

子供たちにも一生キノコはないと思って育ててください。

ウチの場合は家内がキノコ大好きなので北海道から『ホクト』の製品(室内工場栽培)を取り寄せています。

小島様

ほんとに嬉しい情報をありがとうございました(*≧m≦*)
何でしょう?風向き??
でもでもほんとに嬉しいです。

本来はきちんと行政に細かい土壌調査をして欲しいですよね。

でもやはりなかった物が今はあるわけですから、
これからも悲観的に前向きに(*^-^)この問題に向き合っていきたいですね。

コメントありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544247/42749106

この記事へのトラックバック一覧です: 私たちが検診検査を希望する理由:

« 下野新聞にのりました。 | トップページ | 請願書の審議 »