フォト
2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 井戸水についてー誤認証の可能性 | トップページ

2012年5月31日 (木)

放射能測定所

放射能測定所
益子にも放射能測定所ができました。益子内科胃腸科さんの敷地ないにあります。予約制になっています。
昨日は素敵な看板ができました。

« 井戸水についてー誤認証の可能性 | トップページ

コメント

益子焼の陶器が好きなので、安全でこれからも良い作品を作ってください。
益子焼、綺麗で好きです。

測ってガイガーの方に登録していました。該当サイトが8月に閉鎖になったようなので、追加情報をお知らせします。主に七井から、旧小宅小学校周辺・大平安全寺周辺を測定していました。
昨年2月ころ、益子町大平か小宅の境界付近にて、0.2uSV-0.3uSV程度の煙を観察しました。地域の方が竹の焼却を行っていた周辺の道路上です。

芝焼前に周辺の線量を測定しようと徘徊しました。
使用機器 エアカウンター。複数回の測定では最上値と最下位値を記載しています。
測定日時 2019.01.05 17:00-21:00
測定場所 町道18号線と17号線交差点 0.09-0.15
1       同交差点小宅側1つめの街灯付近の路上0.13-0.15
2       同交差点北原側1つめの街灯付近の路上0.14-0.22
3       同交差点北原側2つめの街灯付近の路上0.05-0.08
4       同交差点新福寺側1つめの竹やぶ付近の路上0.09-0.14
5       同交差点大平側石碑付近の路上0.08-0.14
6       同交差点大平側坂を下って民家入り口が左右にある場所の路上0.09-0.13
7       同交差点大平側坂を下って民家入り口が左右にある場所の坂の下側の交差点付近の路上(生垣)0.07-0.14

1と4は、電気柵の有無について比較するものです。ラドン娘核種濃度が高圧線付近で高いという報告があり、通年稼働している電気柵ならばラドン娘核種が集まっているのではないか、という比較です。
2と3は、表土清掃に(3位置は数年前に上水工事が行われ、表土,腐植土が除去されています)よる影響を見るものです。
6と7は常緑広葉樹の影響を見るものです。
北原地区は、常緑針葉樹が地震の2-3年後に枯れました。そして、町道17号線沿線では笹が枯れているのが観察されます。枯れた笹葉は地表に落下するために意味がないと考え、常緑広葉樹の生け垣を測定しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 放射能測定所:

« 井戸水についてー誤認証の可能性 | トップページ